つばめの巣

youtubeの「マイチャンネル」のページに表示されてたサイトです。
2週間前頃に初めて訪問したら、孵化して二日か三日でまだ目が明くか明かないかの頃でした。

https://www.youtube.com/watch?v=J5B8J2G_Xtk

最近1週間で急に大人びてきて、もう巣立ちも近そう。
燕の巣立ちは孵化から20日位らしいので、もう明日か明後日かな?
羽ばたきの練習も始めたし・・

それにしても大きくなっても巣に収まるものなんだな。落ちもせずよく育ったといった感じです。
スポンサーサイト

使用ギター・エレアコについて 5

今回はルーム・リバーブとホール・リバーブを比べてみました。

あくまでもライブ用という事で、録音時に使っているMTRでは一切エフェクトは使っていません。


曲はマイナー・ブルースをやってみました。ギター・ソロにリバーブをかけています。


(ファイルの関係で少し音が切れる所があります)


ルーム・リバーブ

前回と同じくこれくらいが自然ですかね。けっこう好みの音に近いかな・・


ちょっと物足りない感じも、実際に生でやるとこれくらいが適当な事が多いですしね。


ホール・リバーブ

ホール・リバーブは一応セットしておきますが、実際は使わないと思います。


(曲によっては合う感じかも知れませんからね。)


ホール・リバーブが合いそうな感じはこんな曲ですかね。


蒼い月影 過去への扉


あと、今回はイコライザーをかけて、弦が擦れて出る「キュッ、キュッ」という音(擦過音)をなるべく目立たないようにしようと試してみました。


だいたい2kHから2.5kHあたりをピンポイント的に10dBほど減衰させました。

これはA3にツマミで付いてるトーンコントロールとは別に、内蔵エフェクターからセレクトして追加しました。


何だかんだでいろいろと試せるA3は正解だったようです。そのうち取り付ける予定のマグネチック・ピックアップの時も効果的でしょうね。


今度はまた違ったタイプの曲で録ってみたいと思います。


 

使用ギター・エレアコについて 4

前回の続きで、「ARTEC A1-OSJ」を取り付けた「APX-8CS」です。
前回と同じく、MTRはエフェクトなどは無しで、録音のレベルなどはも普通に。


zoom A3 で音を作ります。まずコードストロークを録ります。

以前に書いた「デチューン」で軽めのコーラスが掛かってる感じにしました。


ソロはエフェクト無しから、リバーブを3種(ルーム、ホール、アリーナ)を録ってみました。その他のエフェクトはまだこれから気に入ったら使うというところですね。


元からの目的が、「ARTEC A1-OSJ」のプリアンプとしてどうかなと思って買ったので、ほどほどの音になりライブで使える感じになれば良いと思っていたので、まあまあでしたね。


まず、エフェクト以前にツマミ類などの設定ですが、画像のようにしました。



トーンはBASS TREBLEは12時(+-0dB)で、MIDDLEだけ9時(700Hz:-6dB)


バランスで、生音(DRY)とエディット音(WET)のブレンドが出来ますが、生音の感じがそれほど良くもないので、WETフルにしました。


ボディ・タイプのシュミレーションは使ってません。


エフェクト無し


 リバーブは掛けてませんが、トーンやインプットセレクタは効いているので、これでも良いかなという気もします。


リバーブ(ルーム) 


ルーム・リバーブですが、これくらいが自然ですかね。けっこう好みの音に近いかな・・


リバーブ(ホール)


ホールだとけっこう艶っぽくなりますね。会場次第ですが、これくらい掛かってる感じが良いかもです。


リバーブ(アリーナ)


 アリーナになると、かなり空間的に広がりますね。一応、メモリーしておき、その場で必要なら登録して使うかもです。


 



というところで、次回にボディ・タイプや、他の気に入ったエフェクトなどを録ってみます。


 


 

使用ギター・エレアコについて 3

今回は実際に録音しました。


まず比較ですが、生の音(ピックアップ不使用)をマイクで録ったものです。同じメーカーの一つランクが違うものですが、あまり差は感じません。高い方の「APX-8CS」が繊細な感じはありますが、好みもありますからね。


APX-6SA


APX-8CS


次にピックアップからの音です。MTR zoomR8にライン録音です。(エフェクトはオフ)(録音のレベルなどは同じで)


内蔵のプリアンプが無い「APX-8CS(ピエゾ ピックアップ A1-OSJ の音)」はやはり音が小さいですね。


APX-6SA


APX-8CS








zoomR8の内蔵エフェクト「finetune」をかけて録音してみるとこうなります。「APX-6SA」の方が掛かりが良いですね。


コードストロークやアルペジオでは明確に軽やかさや華やかさがありますね。でもソロなどでは「APX-8CS」の方を使ってます。好みですね・・・(^^)


APX-6SA


APX-8CS




実際、蒼い月影 過去への扉 二人のために のストロークとアルペジオでは「APX-6SA」です。


蒼い月影 過去への扉 の間奏ソロでは「APX-8CS」です。




次回は明日にでも、プリアンプA3を通した簡単なソロを録ってみます。










使用ギター・エレアコについて 2

高い方の「APX-8CS」は先月「ARTEC A1-OSJ と言う安価な「ピエゾ・タイプ・ピックアップ」を付けました。
今回はここからですね。
再掲しますが、「蒼い月影 ( 祈り ) 」での間奏ソロではこちらを使ってます。

ピックアップ位置
取り(貼り)付ける場所はだいたいサドル(ブリッジ)の後ろ周辺が良い感じですね。高音弦側でないと高音成分が不足しますので、だいたい1~3弦付近が良いと思いましたね。最終的にはサドルの上に貼り付けました。(接着が弱りそうだったので、ビニールテープで押さえました)

まあ比較として、ギター内蔵のプリアンプが無いので、パワーは落ちますが使えない程ではないと感じます。
主にこちらのギターの為にと思いプリアンプ「A3」を買ったので、一度ライブで実際に使ってみないと分かりませんが、何とか良い音を見つけたいと思いますね。一番良いのはDIに直で済んでくれることですが、おそらくそれは難しいと思ってます。(音色的に不満が・・)(次回にでも録音してみた音をアップしたいと思います。)

ピックアップが機能している「APX-6SA」(価格は6万円くらいかな?)の音は一応あります。
以前に一回だけライブで使った時です。メンバー同士のリハ無しでやったので、ミスが目立ちますが・・・(^^)

ギターにプリアンプがあるので、それでトーンは調整して、音量は5ですね。
お店のDIに直接接続して、リバーブなどはそちらにお任せです。
ちょっと高音が強かったかなと思いますが、まあハッキリした音で良かったと思います。

今日のブルース

夢の中では (スロー・バージョン)
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
プロフィール

blues2000 伊東

Author:blues2000 伊東
1955年生まれ・男・O型・うお座
ブルースが好きで、ギターも好きです。
サイト:パワーブルース
Facebook

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる